読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よしのりを買うならココ 2017年度

。ただ作品の終わりについてはちょっと唐突で、好みはわかれると思います。テレビや映画の戦争ものは悲惨な中に自己犠牲や愛や様々な美しく悲しいエピソードがありますが!その感動は「自分には出来ない」生き方だったからだと思います。

4月1日 オススメ商品♪

2017年04月01日 ランキング上位商品↑

よしのり卑怯者の島 [ 小林よしのり ]

詳しくはこちら b y 楽 天

以前わしズムを読んでいたとき、途中で終わっていたので今回完結まで読めて良かったです。戦争の悲惨さが美談抜きでリアルだと思います。しかしこの本に出てくる人物たちは全員が何かしら後ろめたいものを抱えていてそれが人間の本質だと思いました。